地域によって違う結婚式の風習

私の住む地域では、昔からの結婚式の変わった風習というのはないと思っていたのですが、他の地域からみると、とても変わった風習だと感じることがあるということを、最近知りました。

みなさんは、自分の住んでいる地域で、他の地域とは違う変わった風習があることをご存知ですか?

結婚式というのは、一生心に残る晴れ舞台のひとつです。

北海道から沖縄まで、その風習の違いはさまざまで、招待制ではなく会費制であったり、披露宴の幕開けと幕閉じに決まった踊りをしたり、嫁入り道具がたくさんあったり、決まった郷土料理が出たり、ブーケの代わりにお餅を投げたり・・・地域によって違った歴史があるように、違った風習があってもおかしくはありません。

席次表や案内状などは、全国共通なので、それほど心配はいりませんが、旦那さんの地域の風習に合わせた挙式にするカップルが多いようにも思いますが、生まれ育った地域が違うふたりが結婚する時には、奥さん方の地域での結婚式がどういったものなのかを調べて、奥さん方の親戚にも恥じないような、両方の演出ができると、なお素晴らしい結婚式になるのではないでしょうか。

地域によって風習の違いがある結婚式だからこそ、相手の地域では、どのような結婚式をするのか、生まれ育った地域が違うカップルであれば、気になるところです。

北海道と東北の一部は会費制の挙式が90%以上、栃木・新潟・富山は引き出物が決まっていて、新潟は新郎を投げるという風習もあります。

茨城・石川・福井・高知は料理に特徴があり、岐阜・静岡ではブーケではなくお餅を投げます。

名古屋の結婚式はドラマに取り上げられるほど盛大で、全国的にも有名ではないでしょうか。

沖縄は、芸能人並の招待客が当り前で、披露宴では沖縄ならではの踊りを踊ります。

また、新郎新婦の近い席に、両親が座るのも、沖縄ならではのことで、席次表を作る際、席順には、かなり気を使いそうです。

相手の地域の風習に合わせた結婚式にしたところ、自分の両親や親戚から反感を買い、相手との仲が悪くなってしまったり、あとあと、嫌味を言われてしまう・・・という話も少なくありません。

もちろん風習を大事にすることも大切ですが、風習にばかりとらわれずに、ふたりの門出を快く送ってあげられるのが大切なことのように思うのは、私だけでしょうか。

参考にさせていただいたサイトがあるので紹介しておきます。

結婚式の席次表を考える際に参考になるサイト